スターバックスの歴史♪

スターバックスはアメリカ出身です^^;
誕生日は1971年、シアトルのありふれ〜たコーヒー焙煎の一会社にすぎなかったスターバックスですが、1986年にターニングポイントになりました。
この年にハワード・シュルツ(1982年入社)が、エスプレッソを主体としたテイクアウトメニューの店頭販売を開始!
この販売方式がシアトルの学生やキャリアウーマンの間で大人気に^^;
当時のアメリカではイタリア流のファッションや食事が流行していて、イタリア式のコーヒーである、エスプレッソを主体とするこれらの「シアトル系コーヒー店」はブームに乗ってすぐに北米全土に広がり、シアトルスタイルというコーヒーおよびコーヒー店のスタイルとして現在のようになったようです。

みなさんスターバックスという名前の由来をご存知ですか?
この名前の由来は、シアトル近くのレーニア山にあったスターボ (Starbo) 採掘場と、ハーマン・メルビルの小説『白鯨』に登場するコーヒー好きの一等航海士スターバック (Starbuck) の名からきています。
日本では「スタバ」と略されていますよね♪

この名前の由来は、スターバックスのロゴの元にもなっているようです。
スターバックスのロゴといえば、ワカメをくっつけているような不気味な女の人のロゴですよね(笑)
実はこれ船乗りとの縁が深いセイレーンという、ギリシャ神話に出てくる人魚だそうです。
そう言われれば人魚に見えないことも・・・やっぱワカメ女ですね(笑)

▲home▲


posted by フラペチーノ at 23:07 | スターバックスの歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。